動画配信サービス時代の新しいテレビの選び方

woman in white bed holding remote control while eating popcorn ライフスタイル
Photo by JESHOOTS.com on Pexels.com

テレビの購入を検討されている方、どうやってテレビを選びますか?以前は画質や録画機能などの性能が選定基準になっていたかと思います。しかし令和の時代、テレビの選び方が変わってきています。最近ならではのテレビ選びの考え方をお伝えしたいと思います。

テレビの新しい選び方

みなさんは最近テレビ機器でテレビ番組を観ていますか?テレビ番組よりもネットフリックスやYouTubeなどの動画配信サービスの映像を観る方が多いのではないでしょうか。

私もテレビ番組をリアルタイムでそのまま観ることはほとんどありません。テレビ番組を観るとしてもTVerの配信を視聴します。そしてテレビ番組よりも、ネットフリックス、YouTube、Amazonプライム・ビデオのコンテンツを観ることの方が圧倒的に多いです。

デバイスとしてのテレビは主にリビングにある大きなディスプレイとしての役割が中心で、たまにテレビ番組をみるといった形ではないでしょうか。

コンテンツの消費行動が変わってきた中でテレビを選ぶ基準も変わるはずです。現代ではテレビを選ぶ際には「動画配信サービスの使いやすさ」が重要になります。

動画配信サービスの使いやすさ基準でのテレビ選び

テレビ購入でテレビの選び方に悩んでいる人におすすめの商品を紹介します。

動画配信サービス例:TVer、YouTube、ネットフリックス(Netflix)、アマゾンプライムビデオ、Abema、

テレビ選びのポイント① 動画配信サービス対応内蔵機能

スマートTVを購入する際に、利用したい動画配信サービスのアプリ対応可否が重要な選定ポイントになります。スマートTVではいくつかの動画配信サービスの視聴する機能が内蔵されており、メニューから選ぶだけで動画ストリーミングを視聴することができます。リモコンボタンのタッチだけで配信サービスにアクセスできるので非常に便利です。

もしその機能がなければ、外付けのメディアプレーヤーが必要になり、少々面倒な操作が必要になってしまいます。

全てのスマートTVに全ての必要な動画配信サービスのアプリが内蔵されているわけではありません。例えばLGのテレビはTVerに対応していません

テレビ選びのポイント② リモコン対応

a close up shot of a television controller
Photo by Karolina Grabowska on Pexels.com

スマートTVで動画配信サービスが対応している場合、その中で一部テレビのリモコンにそのサービスに一発でアクセスできるボタンがついているケースがあります。例えばリモコンボタンの一つがネットフリックスボタンになっており、一度押すだけでネットフリックスに画面が切り替わりすぐに視聴することができてしまいます。この機能は単純ですが本当に便利です。

スマートTVによって付いているボタンが異なります。ボタンの数は物理的に限定されるので、人気のサービスに絞られて配置されています。通常YouTubeやネットフリックス、Amazonプライム・ビデオ、Hulu、ABEMA(旧AbemaTV)、GYAO!などのボタンが設置されています。観たいサービスのボタンがリモコンに設置されているか事前に確認しましょう。

テレビ選びのポイント③ 4K対応

もし動画配信サービスの契約が4K対応であればテレビ側も4Kテレビを選びましょう。ストリーム側が4Kであっても、テレビ側がフルHDなど4K以下の解像度であれば4K映像を視聴することができません。また、YouTubeの動画も一部4K対応があります。今後4Kコンテンツがどんどん増えてきます。もちろん予算次第ですが、可能な限り4K対応テレビを選ぶようにすると良いでしょう。

テレビ以外の選択肢

最近とある理由により「チューナーレスTV」の人気が急増し、注目されている。まずチューナーレスTVとは文字通りテレビバング時を受信するチューナーが内蔵されていないテレビつまりディスプレイ/モニターのことです。チューナーレスTVでは地上波のテレビが映りません。

このディスプレイが人気の理由はズバリNHKの受信料逃れです。日本の法律である放送法第64条ではNHKの受信料支払いについて規定されています。その中でチューナーがついていないディスプレイのみの場合は対象機器では無いと考えられるのです。

動画配信のみを視聴する場合はチューナーは必要ありませんし、余計なNHKの受信料を支払う必要もありません。このことからチューナー付きのテレビではなく、チューナーレスのディスプレイが有力な選択肢になってきます。

チューナーレスTVがスマートテレビ(チューナーレススマートテレビ)であればに内蔵されているアプリから動画配信サービスを視聴することができます。

またスマートテレビでは無い場合でも以下のメディアプレーヤーを使用すれば動画配信サービスを利用することができます。いずれもテレビとWi-Fiなどでインターネットに接続するだけで簡単にディスプレイで動画配信サービスを視聴可能です。

Apple TV

2021 Apple TV HD(32GB)

Amazon Fire TV Stick

Fire TV Stick 4K Max – Alexa対応音声認識リモコン(第3世代)付属 | ストリーミングメディアプレーヤー

Fire TV Stick – Alexa対応音声認識リモコン(第3世代)付属 | ストリーミングメディアプレーヤー

Fire TV Cube – Alexa対応音声認識リモコン(第3世代)付属 | ストリーミングメディアプレーヤー

Google Chromecast

Google グーグル GA01919-JP [Chromecast with Google TV]

コメント

タイトルとURLをコピーしました