マネージャーが部下より努力を怠ったら終わりだ

あなたがマネージャーであれば、部下よりも努力をしていますか。

あなたがメンバーであれば、上司はあなたよりも努力をしていますか。見えない努力も含めて。

もしそうでなければその組織は良い状態であるとは言えません。遅かれ早かれ組織は機能しないようになっていきます。

怠慢化しがちな上司

上司になると怒られたり指摘をされることが急激に少なくなります。部下が上司に対して指摘することは難しいですし、部下でなくても役職がついた人に対して怒ることは躊躇してしまいます。

また、部下よりも経験が長いことや部下を評価する立場なのでチームメンバーに対してマウントが取りやすく、自分が有能だと勘違いしてしまいます。

そして役職がつくと努力を怠り成長が止まるマネージャーが出てきます。

部下も上司を評価している

部下は面と向かっては上司に対して指摘をすることは稀であるが、言わないだけでしっかりと評価はしているのだ。自分だけが評価していると思っているマネージャーは大間違い。

そしてマネージャーの評価は噂されます。「あの部長は威張ってばかりだが能力はない」「あの課長はミスばかりしている」など、このような悪評はほとんどの人に知れ渡ることになります。人間は他の誰かが悪い評価を受けることで、自分が安心したい、自分の立場を守りたい、という欲求があるので悪い噂はすぐに広まります。

部下に見透かされれば上司としてもチームとしても終わりだ

部下に見透かされる状態では、上司がメンバーを率いていくことは困難になります。

一度でも部下からの信頼を失うと、チームは崩壊に向かいます。

徐々に上司の指示を聞かなくなり、態度を硬化させていくのです。そしてその動きは他のチームメンバーにも波及して、チーム全体が機能不全に陥っていくのです。私はそんな上司やチームをいくつも見てきました。

見透かされないためにはどうするべきか

そんな状況を回避するには、もちろんマネジメントスキルを磨くなどマネージャーとしての力を身につけていくことは重要です。

マネジメントスキル含めてですが、マネージャー自ら学ぶことが非常に重要です。

学ぶことを怠り成長が止まると、いずれ部下に追い抜かれてしまいます。また自らが成長していない状況で部下に対して成長しろと言っても説得力がなく見透かされます。

マネージャーになったからと言って努力を怠らず学び続ける必要があります。

マネージャーは何を努力すべきか

マネージャーとして学ぶべきことは、部下のレベルとは質が異なります。部下のレイヤーでは業務に直結するスキルを学ぶ必要があります。マネージャーレイヤーになると役割としてはビジョンを描き、そこに到達するまでの戦略を立案し人を動かしながら実行する必要があります。それを成し遂げるためには業務面だけのスキルでは成り立ちません。実務というよりも、抽象度の高いスキルが必要です。戦略論などの理論的な知識や事例、あるべき姿を自ら描くための哲学、人を動かすヒューマンスキルなど、高度な学習が求められます。

マネージャーが学び続けることで戦略立案や実行力を高めチームとして成果を上げることで周りの信頼を得ていくことができます。またマネージャーが学び続け、成長していく姿をみることで部下を引っ張ることもできます。

どんな役職になっても学び続けることが非常に重要だと思います。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です