最新の携帯ゲーム機は手回しハンドル付き、ソフトは配信されるまで分からない – ユニークなコンセプトの「Playdate」

今最も話題のゲーム機は高画質でなければ、AIなんてのも入っていない。モノクロの任天堂ゲームボーイのようなハードなんです。その代わり手回しのハンドルが付いているなんともユニークな形状…

携帯ゲーム機Playdate(プレイデイト)はハード、ソフト、配信方法など全て含めて新しいゲーム体験の世界を楽しむことが出来ます。

つくったのは米Panic(パニック)

このゲームを作ったのは任天堂でもSONY(ソニー)でもMicrosoft(マイクロソフト)でもGoogle(グーグル)でもありません。アメリカのPanic(パニック)という会社です。

PanicはMac向けソフトウェアやゲームの制作を行なっています。有名なゲームに「Firewatch」があります。

ゲームコンソール大手やプラットフォーム大手ではないからこそ、ここまでユニークで型破りなゲーム機を開発できたのかもしれませんね。

特徴的なハード

Playdateの特徴はなんといっても手回しハンドルが付いていること。このハンドルだけで操作するゲームもあるらしい。例えば時間軸を操作するなどの用途でハンドルが使われるのだ。

実はソフトも変わっている

ユニークなのはハードだけではありません。ゲームのソフトもかなり変わっています。まずゲームの内容はハード本体の料金に含まれています。

そして毎週新しいゲームが配信されます。1シーズン12週間毎週新しいゲームに出会えます。どんなゲームかは配信されるまでわからないというのもこれまた斬新です。

日本での展開

2019年中に予約を受け付けスタート。来年2020年より149ドルで販売予定とのこと。日本語対応した上で日本での販売も予定されている。日本支社のパニック・ジャパンが世界と同じ状況時期に発売を目指している。価格帯としても上記と同じレベルを目指す。

とにかく日本でも発売されそうです、良かったですね!

楽しみに待ちましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です