JTBとスノーピーク、ハワイでテレワークを行う制度を導入

旅先で仕事をするーーー

旅行代理店のJTBではなんとも羨ましい、ハワイでのテレワーク制度を導入するとのことです。

働き方改革における新たな仕事のスタイルとして、「ワーケーション(Workation)」を提案。仕事(work)と休暇(vacation)を組み合わせた造語。休暇中でも一時的に仕事をすることを認めたり、旅を楽しみながら仕事をするようなスタイルのこと。日常とは異なるアイデアを生み出したり、モチベーションアップにつながりやすいことがメリット。
日常とは異なる環境で仕事を行うことはアイデアを生み、モチベーションアップに効果的と言われています。

働き方改革関連法が 4 月から順次施行されることを受け、4月1日からJTB社員が休暇で訪れたハワイでテレワークを行う制度として「ワーケーション・ハワイ」を 導入。JTB Hawaii Travel,LLC に設置した専用スペースで仕事を行う。JTBとしては初の海外でのテレワーク制度。なんとJTB髙橋社長が自ら体験してきたという。

ワイキキの海を眺めながら開放的な空間で仕事ができ、いいアイデアが浮かびそうとのことだ。

JTB で初となる海外でのテレワークを、トライアルとして社長の髙橋が自ら体験してきました。
他の体験者はハワイのテレワークスペースは、青く広がるワイキキの海が窓から一望でき、開放的な空間の中で
仕事ができます。実際に体験した者からは、「普段と違う環境で、いいアイデアが浮かびそうだ」「ストレスなくパソコンが遠隔操作できた」という感想でした。

アウトドアオフィス事業の株式会社スノーピークビジネスソリューションズとサービスを共同開発した。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です