禁煙化の流れ一段と – ソフトバンク社員の一服を禁止へ

私は喫煙しないし、喫煙反対派なので、世の中の禁煙化への流れは大歓迎。

徐々に全面禁煙化を進める企業が増えてきました。今回はソフトバンクが禁煙化というニュース。

ソフトバンクでは受動喫煙の防止や健康増進を理由に、段階的に禁煙を実施、2020年10月に新社屋へ移転するタイミングで全国のオフィスの喫煙所を撤廃するとのことだ。

19年4月からプレミアムフライデー(毎月最終金曜日)の喫煙を禁止。10月からは毎週水曜日も喫煙を禁止する。そして20年4月から全面的に禁煙になる。

リゾート運営事業を展開している星野リゾートは喫煙者を採用しないことで有名だ。ニコチン含有量が減ってくると集中力が減退することで作業効率が落ちること、喫煙者が一服することに対して職場環境が悪化すること、また喫煙、分煙スペースを作ることが施設効率の悪化にも繋がることから、禁煙化を徹底している。

健康増進を経営課題と捉え、最高健康責任者(CHO)を導入する企業も出てきている。野村ホールディングスや大和証券グループだ。また、経済産業省と東京証券取引所は社員の健康管理への取り組みに応じて「健康経営銘柄」を選定。19年は37社が選出され、通信分野ではヤフーが初めて選出された。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です